owd

大和田 茂
保育テック プロジェクトリーダー

・博士(情報理工学, 2005年 東京大学 博士論文
・保育士(令和元年度保育士試験 後期 合格
・学士(教養, 2012年 放送大学卒業研究発表資料
テック系バイオリン弾き コンクール
トイハッカー


現所属

著書:  翻訳:

研究業績リスト
主な成果PicoGW/NanoGW/Kadecot/萌家電/OpenECHO
コミュニティHoikutech, トイハック同好会, おうちハック同好会
その他:Qiita / GitHub会社 / GitHub個人

プロフィール


基本的にユーザーインターフェースの研究者。「ユーザーインターフェース」というのは、システム(通常はコンピュータシステム)と人間の間の関係性(要は使い心地や、その効果)を研究対象とするもので、「何の」ユーザーインターフェースかは、研究者ごとに様々である。私は、学生時代は三次元コンピュータグラフィックスのユーザーインターフェースの研究を行っていた。しかしSony CSL入社後、CG研究の未来に不安を感じ、しばらくフラフラしていた間に作った家電妖精アプリ「萌家電」がプチ炎上。これは家電のユーザーインターフェースを対象とした作品である。これをきっかけにスマートハウスに携わったが、だんだん派手なアプリよりも地味な裏のシステムに関心が移り、Kadecot (Android用デバイスゲートウェイ), OpenECHO (オープンソースのECHONET Liteミドルウェア), PicoGW (Node.jsによるデバイスゲートウェイ), NanoGW (PicoGWと連携するクラウドシステム)などを開発。そのうち保育園とのかかわりができ、研究対象としての保育に大きな魅力を感じ、現在は研究対象を保育に絞っている。現場感覚がないまま研究を進めることに困難を感じ、令和元年度後期保育士試験合格。パート保育士としても活動中。スマートハウス時代に作ったPicoGWやNanoGWは、保育目的にも生かせるものに転用中なのに加え、PicoGWは安価なmodbusゲートウェイとして見初められ、現在、工場やBEMS向けに応用されている。


役割

  • 2020-現在 くらき永田保育園 保育士
  • 2017-現在 神奈川工科大学 非常勤講師
  • 2015-現在 株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所
  • 2022/4-2022/8 岩崎学園 情報科学専門学校 非常勤講師
  • ACM International Conference on Interactive Surfaces and Spaces (ISS) 2018 Organizing Committee (Treasury)
  • 2018/4-2019/3 公益社団法人 空気調和・衛生工学会 空気調和設備委員会熱環境システム動的設計法検討小委員会 委員
  • 2017/8-2018/7 World Robot Summitサービス競技委員会
  • 2006-2010 Workshop on Interactive Systems and Software (WISS) 運営委員
  • 2006-2009 情報処理学会 グラフィクスとCAD研究会 (GCAD) 運営委員
  • 2005-2010 International Symposium on Smartgraphics 運営委員
  • 外部予算獲得実績

    2022 同志社大学 赤ちゃん学研究センター 計画共同研究
    「VRを用いた保育コーチングシステムの試作」
    40万円
    2017 (後) 大和ハウス工業 委託開発 600万円
    2017 (前) 大和ハウス工業 委託開発 500万円
    2013 神奈川工科大学 委託開発 300万円
    2012 神奈川工科大学 委託研究 200万円
    カテゴリー: 関係者・団体