保育関係者とエンジニアのオンライン交流会を行っております。

  • 自分が保育関係者だと思う方は保育関係者で、モノ作りが好きな方ならエンジニアです。
  • 現在は参加無料です。
  • ゲストスピーカーなどによる LT (短いプレゼン) や、関連資料や動画も閲覧できます。
  • 一般参加者もポスター発表が可能です。非営利目的の交流イベントですので、マナーの範囲でぜひ積極的に発信されてください。共有したい資料があれば事前にお知らせください。
  • 途中参加・途中退場可です。


対象

  • モノ作りに悩んでいる保育士さん
  • 保育現場へのテクノロジー導入に関心がある保育関係者
  • 子どもたちに楽しく遊んでもらえる玩具を作りたいエンジニア
  • 保育園の課題意識を知りたいエンジニア
  • その他保育とモノづくりのコラボに興味のある方

次回開催予定

未定

イベントの告知・申し込みはPeatixで行っております。保育テックグループがありますので、そちらをフォローいただければ、今後のご案内が届きます。関連するFacebookグループもあります。

Peatixの保育テックグループ
Facebookの保育テックグループ

開催履歴

第一回 2021年10月8日 (金) 21:00 – 23:00  募集ページ
第二回 2021年12月10日 (金) 21:00 – 23:00  募集ページ

コンセプト

保育テックチームのミッションは、我々自身が新たな技術を開発するだけでなく、保育の専門家と技術の専門家が密にコラボレーションして、未来のより良い保育を創出する技術を継続的に生み出す機運を高めることにもあります。

一方で、これまでの保育園はどちらかというと閉じられた世界であり、外部の人につながるきっかけがあまりなく、そのために外部の専門家と対峙する恐れもあるように感じました。そこで、異分野の方々と気軽に交流する場が必要ではないかと考え、「保育テックサロン」を立ち上げました。これは、保育関係者とモノづくりコミュニティの方々との出会いの場をオンラインで提供するもので、2021年10月8日に第一回を開催しました。この会では、単に交流してくださいというだけではなく、保育系コンペで優勝した保育園の方や、保育士とエンジニアのイベント開催に深く関わってきた方のトーク、また、長年デジタル保育に取り組まれている園のポスター発表などもお願いして開催しました。結果は期待以上の盛会となり、事後のアンケートでも大変良い反響をいただきました。

この第一回のアンケートの結果を踏まえ、今後の保育テックサロンは定例化し、隔月開催することにしました。基本的に金曜日の21時からの2時間開催を予定していますが、保育関係者には遅いようですので(保育関係者とものづくり関係者の生活パターンが違う!)、今後の参加者からのフィードバックもいただきながら、ご負担のない形で開催したいと思っています。
また、現在は無料で開催していますが、交流のためのプラットフォームの利用にはコストがかかるため、今後多少のご負担をお願いすることもあり得ます。ご了承ください。

今後この会は、単に異分野が交流するだけでなく、実際にコラボして新しいモノを生み出すコミュニティに育って欲しいと思っています。そのため、今後次第に新しい制作の途中経過発表なども取り入れていきたいと思っております。また、会場内の登壇発表やポスター発表は運営側からお願いする方のみならず、参加者からのご希望も歓迎いたします。非営利目的の交流イベントですので、マナーの範囲でぜひ積極的に発信されてください。

Gatherへの参加方法