保育に役立つカメラを作るプロジェクトは、Hoikutech結成のきっかけとなりました。2018年2月、保育士とエンジニアによるアイデアソンから生まれた「しゃべっ撮る」というアイデアは、その年のGR-LYCHEE Design Contestへの応募を目指して具現化しました。このチームを結成した7月9日が保育テックの誕生日です。ここで開発した「HoikuCam」は、コンテストでも優勝を勝ち取ることができました。HoikuCamはその後、自分でプログラミングできるカメラキット「Hack Cam」に発展しました。またもう一つの派生形はAndroidアプリ「タグカメラ」となり、現場での実証実験が行われました。結果は芳しくないものでしたが、そのノウハウは、その次のプロジェクト「HoikuWatch」に引き継がれ、現場への貢献を求めて開発が続けられています。

第3世代:タグカメラ

タグカメラは、保育現場へのより積極的な導入を目指して開発されているAndroidアプリです。Hoikutechメンバーの一人である大和田の研究プロジェクトとして進められ、保育記録(保育ドキュメンテーション)を実現するためのクラウドである「NanoGW」と並行して動作していました。



第2世代:Hack Cam

Hack Camは、Hoikutech結成のきっかけともなったHoikuCamのハードウェア構成をベースに、Micro:bitとの連携基盤も追加してよりカスタマイズ性が高められた、自作カメラ開発キットです。



第1世代:HoikuCam





GR Lychee Design Contestでの発表の様子

第0世代:しゃべっ撮る